卒業生の声

卒業生に英語の勉強法や受験勉強の感想などを聞きました。参考になれば幸いです

英語学習について

最難関大学 理系合格 Yくん

文法事項は高校一年生の初めからコツコツと学習しました。

長文読解は高校2年生の後半ぐらいから。

単語は電車や学校での10分休みなど隙間時間でやっていました。

ネイティブはどのように英語を話しているのか常に想像しながら勉強していました。例えば英単語は、日本語と一対一で覚えるのではなく、英単語を見たときには頭の中でその単語のイメージが浮かぶようにする。英文を読むときには後ろから戻って訳さず、読む順番通りに情報を頭に入れる。長文の読解問題は問題文を日本語に訳さず、英語のまま情報を頭に入れる、など。こちらの塾では特に重要な単語をピックアップして教えていただけました。自分はあまり英語の勉強で苦労したことはなく、僕は洋楽が好きで、英語を勉強すればするほど好きな曲の歌詞を理解できるようになり、楽しかったからかも。皆さんも自分の好きなことと英語の勉強を絡めると勉強しやすいかもしれません。Youtubeで海外の動画を見たり、英語のコメントなど読むのもおすすめですよ。

塾からのコメント

 Yくんは、東京大学の過去問でさえも簡単に解くので、国立大学二次対策の練習問題がないほどでしたが、その学習意欲と学ぶ姿勢にはこちらも刺激を受けました。大学でのこれからの活躍をとても楽しみにしています!


受験勉強について

難関国立大学 法学部合格 Yくん

 

大学受験の英語対策を本格的に始めたのは高2の2月くらいからだったと思います。

自分の場合はとにかく単語帳の決めた範囲を毎日何周もすることで6月には英語の成績が上がっていったと思います。

受験で苦労したことは、自分の場合は他の人より下の成績の状態からスタートしたので他の人に追いつくことが大変でした。

塾からのコメント

高校二年生の終わりくらいからかなり集中して語彙を覚えてくれました。目に見えて英語の成績が上がっていきましたね。志望大学の合格は全てが努力を重ねた結果だと思います。

これからも自分で選んだ道を自信を持って進んでいってください。応援していますね!

英語学習について

 難関私立大学経済学部合格Nさん

 

受験勉強は本格的には6月ごろ始めました。それまでは空き時間に単語と文法を見るくらいでした。長文を読む方が好きなので、単語はほとんど長文で出て来たときに覚えました。受験対策の問題は集中して取り組み、解き終わってすぐに解説をじっくり読みました。分からなかった単語、文法はノートにまとめてました。あとはお風呂の時間に単語を音声で繰り返し聞きました。

学校の先生の「一日〇時間勉強しよう」を真に受けて自分を苦しめました。特に夏休みはやる気が出ず時間を無駄にしてしまったので、無理しない時間設定が大事だと思います。よく言われますが、時間より質が大事だと改めて思いました。

塾からのコメント

長く教室に通ってくれました。

いつも笑顔で前向きで本当に努力家なNさんは大学でも努力を重ねていかれると確信しています。

楽しい大学生活を送ってくださいね。

大学での英語

最難関国立大学工学部合格 Tくん

 

大学は理系の場合は絶対にTOEICの成績が必要になります。

大学生になる前は大学入試で要求されていることをしっかり勉強しておけば大学の授業であまり苦労しなくて済みます。

大学は、学習の基礎力がなくて、運よく合格したとしても、大学での課題を解いたり授業についていくのに大変な思いをする人もいます。しっかり土台ができていると大学の授業もうまく理解できています。

効率的な計画を立てて勉強するほうがいいと思います。

塾からのコメント

常に自分の努力に対してストイックで日々努力を重ねているからこそ有意義な学生生活が遅れているのだと思います。

充実した大学生活を送っているようで安心しています。

更に高みを目指して頑張っていってくださいね。応援しています。